コーヒー一覧

コーヒーについて気が付いたこと

私はコーヒーを毎日飲んでいる。きっかけは、ブレンドではない1種類の豆(農園、産地、銘柄)のコーヒーの味をちゃんと味わってみようと思ったから。コーヒーとは、コーヒーの赤い実を収穫して、焙煎して、砕いて、お湯を注いでコーヒー豆のエキスを抽出する自然のもの。(私は缶コーヒーやインスタントコーヒーのみならず、レギュラーコーヒーの粉でさえ、自然の恵みだとは思っていなかった。正確には、そのことは忘却の彼方にあったのだろう。)

ブレンドしていないコーヒー豆(シングルオリジン)の焙煎したてを送ってくれるネットショップを見つけて、コーヒーを抽出する専用の道具も一式揃えて、レギュラーコーヒーを自宅で飲み始めた。

飲み始めの頃は、コーヒー豆のブレンドは一切飲まなかった。ブレンド以外で銘柄が決まっているコーヒーだけを飲んでいた。

しばらくすると、有機栽培であればいいかなと、有機栽培のコーヒーも飲むようになり、次は、お湯をコーヒー粉に注いだ時に盛り上がる新鮮なコーヒー豆であればいいかな、ブレンドでもいいかなとなった。

レギュラーであればいいかなとなり、今に至っている。 

私は本物のコーヒーということにこだわっていて、インスタントは飲まない主義でいたが、特にある出来事からインスタントコーヒーも飲むようにしたいと思った。

毎日、ポットに茶葉を入れて紅茶を煎れたり、烏龍茶を煎れたりして、コーヒーを煎れる場所を変えたりしていたせいか、コーヒーを飲もうとするたびに、お湯を沸かしてコーヒーを入れるとき、どの場所でコーヒーを煎れるか考えたりするようになった。

そんなとき、頂き物のインスタントコーヒーにしたこともあった。(スティックにコーヒー、砂糖、クリープが適量全部入っているインスタントコーヒー)

インスタントコーヒー、砂糖、ミルク(粉末)の割合がはじめから決まっている。

砂糖、ミルク(粉末)の量が決まっているインスタントコーヒーの味に、ミルクと砂糖を更にたっぷりと入れて、これからの定番にしたいと思った。

私の美味しいアイス・インスタントコーヒーの入れ方。

2杯分の量が入るカップに1杯分のコーヒーの粉、砂糖をたっぷり入れて、1杯分の半分くらいのお湯の量でよく溶かす。

よくかき混ぜて溶かしたら、氷をたくさん入れて1杯分のコーヒーと同じくらいの量の牛乳を入れる。

冷たい美味しいカフェオレができる。泡立てたミルクを入れた場合は、カフェラテができる。

※コーヒーと牛乳が1:1というのは、カフェラテの基本的な割合。

インスタントコーヒーのステックタイプ(砂糖、クリープ入り)、缶コーヒーの最大の魅力は簡単であること、ミルクと砂糖が入っていること。ミルクと砂糖とコーヒーの割合は決まっているから、好みの味を見つけることができる。

レギュラーコーヒーは、コーヒー好きはそのまま好きなはず。インスタントコーヒー、缶コーヒーは、ミルクと砂糖が入っている(量が決まっているから、なおさら)のが魅力だ。

私は、ブレンドではない銘柄、もしくは銘柄のようになっているブレンドのレギュラーコーヒー(コーヒー粉にお湯を入れて、紙や布などを使ってろ過して抽出するコーヒー)にスイーツなど、コーヒーを飲みながら食べるものはいらない。コーヒーだけの方が良い。

銘柄ではないブレンドコーヒーには、スイーツなど食べ物がいる。コーヒーと食べ物を楽しめる。

ポイント10倍!加藤珈琲店のゴールデンブレンドコーヒー 500g×4袋


ゴールデンブレンドコーヒー 2kg
世界のコーヒー鑑定士が認めた高品質、美味しく、安全安心なコーヒー豆。世界規格 Qグレード珈琲を30%以上使用した加藤珈琲のゴールデンブレンド 。中煎り(シティ)・楽天市場グルメ大賞受賞多数!

コーヒー豆は「豆のまま」か「中挽き」か選べる。