ファーブル一覧

豚肉はいろいろな料理に。牛肉はシンプルに。

私にとって、肉と言えば牛肉だった。豚肉は嫌いでもないし、食べてみればそれなりにおいしい。とんかつ、カツ丼、生姜焼き、角煮、しゃぶしゃぶは、とても美味しい。

我が家では肉となると豚肉の場合が多くなっている。20年近く前から、すき焼きの肉が豚になっていたことから始まり、醤油を使う芋煮の肉も豚肉になった。時々、牛肉のすき焼き、牛肉と醤油の芋煮もあるが。

牛肉の赤身だけを食べる食事法などは別として、現代の一般的な考え方では、豚肉の方が体に優しく健康的と言う傾向にあるから豚肉でも良い。牛肉にこだわる事はないのだから。しかし、たまには牛肉も良いものだ。焼肉、ステーキ、すき焼きには牛肉がいい。

肉は、豚肉と牛肉どっちがいい?

豚肉には、先に挙げたメニュー以外にも、回鍋肉、味噌味の芋煮、キムチに豚肉、ウインナーソーセージ、焼豚、ハムなど豚肉の美味しいものはたくさんある。料理も多彩だ。イベリコ豚の脂肪は特に美味しくて、栄養たっぷり。

牛肉は、すき焼き、焼肉、ステーキなど。焼くだけのシンプルな食べ方ならば牛肉だ。

いつもは豚肉をいろいろ工夫して食べる、たまに牛肉をシンプルな調理法で食べるのが良いのではないだろうか。

国産やまと豚 1.5g


国産やまと豚 切り落とし肉 1.5kg

プロの料理人が指名買いするほど美味しい豚肉やまと豚の特徴は、肉質が柔らかく脂肪に甘みがあり、風味が良くて、調理してもアクが出にくい。 国際味覚審査機構 三ツ星受賞など他にも受賞多数!1.5kgは300gずつ5パックに小分けしてある。しかも冷凍で届く。豚丼、肉じゃが、野菜炒め、焼きそば、肉うどんなどにおすすめ。


鮭フレーク、幕の内弁当の鮭 鮭の皮には醤油

鮭はおにぎりの具、朝食、夕食のおかずとして美味しい。バター焼き、薄塩で身が厚いと夕食のおかずとして味わいもちょうど良い。

子供の頃、特に好きだったのが鮭フレークだ。ご飯にかけて食べるのだ。味付けも好みだったのかもしれない。大人になると香ばしい味付けの鮭も好みになってくる。

鮭の切身は幕の内弁当に入っているおかずとしてもお馴染みだ。いろんなおかずが入っている幕の内弁当の中で大きなおかずが、鮭の切り身だ。洋風のおかずの方が鮭の切身より好まれる傾向にあるから、幕の内弁当に鮭が入っているのは、何で鮭なのだろう?と考えたことも一度ではない。しかし、幕の内弁当の大きなおかずである鮭は、ご飯のおかずとして食べ応えがある。鮭の切身だけでもいいくらいなのだ。

鮭の切り身を焼いたものには、皮が付いているものだが、鮭の皮にしっかり火が通ってカリカリになっていれば、醤油をかけると食べると美味しい。これでご飯を食べるとかなり美味しい。捨ててしまうのは、もったいない。(魚の皮と身の間は、最も栄養と旨みが凝縮されている部分であることは良く知られている。)それでも、火が少ししか通っていなかったり、皮が厚かったりして生臭みがある場合は残す。そして、鮭の皮には醤油が合う。塩もいいかも、と試してみたが、鮭の皮には、もともと塩が薄めか濃いめで振ってあることもあってか、さらに塩をつけて食べても塩味が増しただけだった。

鮭の皮に限っては醤油でなければいけないのだ。ちなみに私は天ぷら、魚、野菜、枝豆などにおいて、だし醬油、めんつゆ、ドレッシングなどをつけるよりも、塩で食べるのが好きな方だ。タレ派でなくて塩派とも言える。それに塩にも少しこだわるほうだ。

しかし、鮭の皮の場合は醤油なのだ。鮭に塩を使う場合は、鮭の身をほぐして、ご飯にかけて食べる場合だ。塩を少し振ると美味しくなる。

ご飯 弁当 酒のつまみ 2021年新物 極上国産銀鮭 厚切り10切れ


極上国産銀鮭 厚切り 10切れ

2021年新物の国産銀鮭!甘塩だからバター焼き、ムニエルにも向いている。身が締まっていて脂乗りが良い。焼くだけで皮まで美味しい!グリル、オーブンで簡単調理。


コーヒーについて気が付いたこと

私はコーヒーを毎日飲んでいる。きっかけは、ブレンドではない1種類の豆(農園、産地、銘柄)のコーヒーの味をちゃんと味わってみようと思ったから。コーヒーとは、コーヒーの赤い実を収穫して、焙煎して、砕いて、お湯を注いでコーヒー豆のエキスを抽出する自然のもの。(私は缶コーヒーやインスタントコーヒーのみならず、レギュラーコーヒーの粉でさえ、自然の恵みだとは思っていなかった。正確には、そのことは忘却の彼方にあったのだろう。)

ブレンドしていないコーヒー豆(シングルオリジン)の焙煎したてを送ってくれるネットショップを見つけて、コーヒーを抽出する専用の道具も一式揃えて、レギュラーコーヒーを自宅で飲み始めた。

飲み始めの頃は、コーヒー豆のブレンドは一切飲まなかった。ブレンド以外で銘柄が決まっているコーヒーだけを飲んでいた。

しばらくすると、有機栽培であればいいかなと、有機栽培のコーヒーも飲むようになり、次は、お湯をコーヒー粉に注いだ時に盛り上がる新鮮なコーヒー豆であればいいかな、ブレンドでもいいかなとなった。

レギュラーであればいいかなとなり、今に至っている。 

私は本物のコーヒーということにこだわっていて、インスタントは飲まない主義でいたが、特にある出来事からインスタントコーヒーも飲むようにしたいと思った。

毎日、ポットに茶葉を入れて紅茶を煎れたり、烏龍茶を煎れたりして、コーヒーを煎れる場所を変えたりしていたせいか、コーヒーを飲もうとするたびに、お湯を沸かしてコーヒーを入れるとき、どの場所でコーヒーを煎れるか考えたりするようになった。

そんなとき、頂き物のインスタントコーヒーにしたこともあった。(スティックにコーヒー、砂糖、クリープが適量全部入っているインスタントコーヒー)

インスタントコーヒー、砂糖、ミルク(粉末)の割合がはじめから決まっている。

砂糖、ミルク(粉末)の量が決まっているインスタントコーヒーの味に、ミルクと砂糖を更にたっぷりと入れて、これからの定番にしたいと思った。

私の美味しいアイス・インスタントコーヒーの入れ方。

2杯分の量が入るカップに1杯分のコーヒーの粉、砂糖をたっぷり入れて、1杯分の半分くらいのお湯の量でよく溶かす。

よくかき混ぜて溶かしたら、氷をたくさん入れて1杯分のコーヒーと同じくらいの量の牛乳を入れる。

冷たい美味しいカフェオレができる。泡立てたミルクを入れた場合は、カフェラテができる。

※コーヒーと牛乳が1:1というのは、カフェラテの基本的な割合。

インスタントコーヒーのステックタイプ(砂糖、クリープ入り)、缶コーヒーの最大の魅力は簡単であること、ミルクと砂糖が入っていること。ミルクと砂糖とコーヒーの割合は決まっているから、好みの味を見つけることができる。

レギュラーコーヒーは、コーヒー好きはそのまま好きなはず。インスタントコーヒー、缶コーヒーは、ミルクと砂糖が入っている(量が決まっているから、なおさら)のが魅力だ。

私は、ブレンドではない銘柄、もしくは銘柄のようになっているブレンドのレギュラーコーヒー(コーヒー粉にお湯を入れて、紙や布などを使ってろ過して抽出するコーヒー)にスイーツなど、コーヒーを飲みながら食べるものはいらない。コーヒーだけの方が良い。

銘柄ではないブレンドコーヒーには、スイーツなど食べ物がいる。コーヒーと食べ物を楽しめる。

ポイント10倍!加藤珈琲店のゴールデンブレンドコーヒー 500g×4袋


ゴールデンブレンドコーヒー 2kg
世界のコーヒー鑑定士が認めた高品質、美味しく、安全安心なコーヒー豆。世界規格 Qグレード珈琲を30%以上使用した加藤珈琲のゴールデンブレンド 。中煎り(シティ)・楽天市場グルメ大賞受賞多数!

コーヒー豆は「豆のまま」か「中挽き」か選べる。


コク、脂乗り、色鮮やかなサーモン

寿司ネタとして美味しい鮭の刺身、サーモン。炙りサーモン、玉ねぎを刻んで、マヨネーズも乗っていても美味しい。紅色というのか赤っぽいあの色の魚肉は、ヒグマの好物でもある。ヒグマはたくさんの鮭を生で食べる。ドキュメンタリーなどでヒグマが鮭を食べているところを見ると美味しい鮭をたくさん食べているんだな、満足するに違いない。

鮭の刺身、サーモンは、脂こいのも特徴だ。味わい深くコクがあり、脂が乗っていて生臭くないのがサーモン。刺身として食べてももちろん美味しい。マリネ、カルパッチョ、サラダにもよく使われる。

鮭の刺身、サーモンにおいてどうするか迷うのが、サーモンに薄くスライスした玉ねぎを乗せてマヨネーズをかけたものを醤油とわさびで食べるか、醤油とわさびをつけないか。また、玉ねぎとマヨネーズが乗っていないものを醤油とわさびで食べるか。炙っているサーモンか、炙っていないサーモンか。サーモンは、何個でも食べられる美味しさがある。

刺身用とろサーモン 550g〜750g


お刺身とろサーモン 半身 約650g
アンデス山脈の雪解け水が流れ込む清浄な湖で抗生物質を使わずに育てられたペルー産のトラウトサーモン(別名 天空サーモン)。

骨取り、皮引き済(トリムE)の業務用 半身フィーレだから、解凍して好みの厚さに切るだけ!お店で食べるようなサーモンの刺身が味わえる。約6人前。


ナスの天ぷら ぐにゃりが美味しい

なすの天ぷらはうまい。天丼、天ぷらうどん(そば)で食べたい。私は茄子の天ぷらは天丼のつゆ、天ぷらうどん(そば)のつゆとの相性が良いと思っている。なすの天ぷらの味、食感の後、または一緒に、ご飯、うどん(そば)が来るというのが良い。

かき揚げも同じように、天ぷらとしてよりは丼もののご飯に乗っているのが、かなりおいしいのだ。そして、それでご飯を食べる。一緒に食べるのがいいのだ。

大概は、海老やキスなどが主役となり、ナスはあってもなくとも・・・、数合わせ、野菜も少しあったほうが・・・、バランスとして・・・など脇役の印象かもしれないが、私にとってナスの天ぷらは、天丼などにおいては主役クラスなのだ。

ナスの天ぷらを食べると、「これが食べたかった」となる。

ナスは体を冷やす夏野菜に分類されていたような気がする。暑い夏には特に茄子を食べたい。

ナスの漬物も美味しい。紫色の皮の歯ごたえ、中身の味わいが好み通りだと、特に美味しいものになる。

茄子はパスタに使っても美味しい。チャーハン、リゾットにも簡単に使える。輪切りにして熱するだけだ。また、ナスは味噌汁の具に入れて美味しい。

ナスはトマトソース(ケチャップ)でも、トマトソース(ケチャップ)以外でもよく合う。

ケチャップ(トマトソース)ベースのソースを使ったパスタ、チャーハン、リゾットは見た目が赤っぽい印象だから赤とする。ケチャップ、トマトソースベースのソースを使わないパスタ、チャーハン、リゾットは白っぽい見た目が多いから白とする。

パスタ、チャーハン、リゾットにトマトを使うとなると、赤だが、ナスは、赤にも白にもよく合う。

とれたて新鮮!減農薬 特別栽培 長ナス 2kg


長ナス 特別栽培 2kg
農薬90%カット、有機肥料を主に使っていて化学肥料は最小限。注文を受けてから収穫するから、とれたての鮮度!栄養価の高い旬の野菜。生産者の方が家族にも食べさせられる安全な野菜のみを出荷している。