スポーツにアロマ。ダイエットにも。続けるアロマの香り生活 その3

セラピストの問屋では、エッセンシャルオイルの香りの良さにこだわっている。必ず成分分析を行なって試験に合格した精油のみを販売しているから品質も確かだ。

直接買い付けているあら、アロマを続けたい人が続けられる価格で提供できる。

本物のアロマを暮しに取り入れることで、心が豊かになる。


グレープフルーツ 10ml 精油 【セラピストの問屋】

グレープフルーツの精油

グレープフルーツの香り成分は、肌を引き締め、肌にハリを与える。洗浄によるニキビの予防にも。

ダイエットしたい。トレーニングの後に。

積極性と実行力が欲しい。食べる楽しみを大切にしたいあなたに。

学名:Citrus paradisi
科名:ミカン科
原産国:アメリカ
抽出部位:果皮
抽出方法:低温圧搾法(コールドプレス)
香りの持続時間:短い
香りの強さ:★★☆☆☆

グレープフルーツは、トップノート1)すぐに香りが来る、持続性の短いのがトップノートと呼ばれている。香りが遅く香ってきて持続性が長いのがベース(ラスト)ノート。トップノートとベース(ラスト)ノートの中間がミドルノートの香り。

こんな使い方がいいかもね

香りが弱めなので多めに使いたい。親しみのあるグレープフルーツの香りなのでおもしろい。

アロマシャンプーを作る

無添加シャンプーにラベンダー精油とグレープフルーツの精油を入れて、アロマシャンプーを作ったことがある。ラベンダーとグレープフルーツのブレンドが最高に良かった。

普段よりスポーツのあとに、グレープフルーツのアロマオイルを使うと実感できるだろう。

グレープフルーツの知識

グレープフルーツの学名はパラダイス(楽園)を意味している。グレープフルーツはアジア原産の植物だが、地中海沿岸では果実の実りが多い柑橘系の木は、幸せの象徴とされている。

グレープフルーツはミカン科で、アメリカ、イスラエル、ブラジルなどが主な産地。
グレープフルーツの精油製造法は、圧搾法と呼ばれる抽出方法で、果皮から香り成分を抽出する。

グレープフルーツの他、オレンジ、レモン、ベルガモットなどが、圧搾法と呼ばれる精油製造法で果皮から精油を抽出する。

圧搾法について

主に柑橘系の果皮から精油を抽出する時に使用する方法。ローラーや遠心法の機械を使って、低温で果皮を搾ることで精油が得られる。低温で果皮を絞ることをコールドプレス(低温圧搾)と言う。

コールドプレス(低温圧搾)は特にだが、圧搾法によって抽出された精油は熱による変質を受けないので、自然のままの香気を保つことができる長所がある。

圧搾法の短所は、どうしても精油中に果皮の色素などの不純物が入ったりして、変質しやすい成分が多くなるので、他の精油に比べて品質の劣化が早い。

グレープフルーツの精油成分は、d-リモネン、ヌートカトン、オクチルアルデヒド、シトラール、ゲラニオールなど。

アロマと間接照明

柑橘系の香りといえば、中性的な香りの香水に使われている傾向がある。グレープフルーツの香りは、女性にはもちろん、アロマのエッセンシャルオイルのなかでも、特に男性にもすすめたいアロマオイルだ。

グレープフルーツの香り成分には、スポーツのあとの心身を良く休ませてくれるのをサポートする力、ダイエットにつながるような力がある。香りも子供から男女に好まれる香りだ。

脚注   [ + ]

1. すぐに香りが来る、持続性の短いのがトップノートと呼ばれている。香りが遅く香ってきて持続性が長いのがベース(ラスト)ノート。トップノートとベース(ラスト)ノートの中間がミドルノート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする