バレンティーノ・ロッシとYAMAHA YZR-M1 その14

YAMAHAライセンスのM1(ロッシモデル)の精巧で可動する4分の1スケールモデルが完成する。週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデルでは、各号ずつYAMAHA YZR-M1のパーツを徹底解説しています。

デアゴスティーニ
週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル

1号から4号までは・・・・・

1号 YAMAHA YZR-M1について
2号 レーシングタイヤ、エンジン2ストロークから4ストロークへの転換について
3号 空気抵抗を考えたボディフォルムについて
4号 ガソリンタンクについて

バインダー1冊に20号分保存することができる専用の特製バインダーが用意されている[PR]週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル

箱からBOXケースを取りだした。

BOXケースを出すと底に実寸大ポスターが

バレンティーノがYAMAHAに移籍して、ヤマハチームとYZR-M1でのぞんだ初の世界最高峰のロードレース MotoGP2004に使用されたレーシングマシンから、バレンティーノにゆかりのあるホンダ、ドゥカティ、ヤマハのマシンを紹介します。

YAMAHA YZR-M1
エンジン:水冷4ストローク並列4気筒 DOHC 4バルブ、最高出力240ps以上
フレーム:アルミ製ツインスパーフレーム
サスペンション前・後・倒立フォーク:モノショック
フロントホイール:17インチ
リヤホイール:16.5インチ
乾燥重量:145kg以上

エンジンの点火時期から不等間隔爆発する仕組みによって、アクセルの開け始めに過敏に反応しなくなり、吹き上がりがスムーズになって、コーナーの立ち上がり、脱出速度が上がりました。タイヤの持ちが良くなりました。

これらのことは、バレンティーノがコーナーで相手をパスする姿、最終ラップまでには、合わせて上位にいる強さの秘密が、マシンにもあるということがわかります。

マシンは、全てと言っていいほど電子制御のテクノロジーだらけで、ライダーの好みで設定できるマシンのキャラクターもコンピューター制御されていました。
例えば、グリップ力が落ちた時などマシンの動きなどを修正してくれますので、ありがたいものです。

なかでもYZR-M1は、コンピューター制御がとても進んでいるマシンなのですが、バレンティーノのマシン操作を優先するためコンピューター制御をほどほどにして控えていました。

2004年のYZR-M1は、後ろに乗せているようなペットのイラストのステッカーは、ワンちゃんが一匹だけでした(笑)2016年モデルでは、ネコちゃん1匹、ワンちゃん2匹になっています。

2004年、バレンティーノとYZR-M1は、シーズン9勝(9回の優勝)をあげて、チャンピオンになりました。

YZR-M1ヒストリー 2004~2010(YAMAHA公式サイト)

HONDA RC211V
エンジン:水冷4ストローク75.5度V型、5気筒 DOHC 4バルブ、最高出力240ps以上
フレーム:ツインチューブ
サスペンション前・後・倒立フォーク:ニューユニットプロリンク
フロントホイール:16.5インチ
リヤホイール:16.5インチ
乾燥重量:145kg以上

もともとそうなのですが、まさにレースのために開発されたような、それこそ飛んでいくようなマシンです。
軽く時速300km超えてしまいます。ブレーキングがいい、グリップもいい、トラクションもいい。安定しているのでアクセルが開けやすい、バランスがいい、すべてがまとまっています。

バレンティーノもRC211Vのことを完璧だと何度も言っていました。

ホンダは2004年、ジベルナウ、玉田誠、ビアッジによる7回の優勝を果たしました。

DUCATI Desmosedici
エンジン:水冷4ストローク90度V型、5気筒 DOHC 4バルブ、最高出力230ps以上
フレーム:鋼管トラス式フレーム(ドゥカティ伝統のトラスフレーム)
サスペンション前・後・倒立フォーク:アルミ製スイングアーム・ショックアブソーバー
フロントホイール:17インチまたは、16.5インチ
リヤホイール:16.5インチ
乾燥重量:145kg以上

パワーは最強のエンジン。タイヤは、雨の日に強い日本のブリヂストン。

ヴァレンティーノにとって、ドゥカティは母国を代表するオートバイの会社であって、2003年ホンダからの移籍先の候補にヤマハとともにあがった時期がありました。

2004年にドゥカティに優勝はありませんでしたが、2005年には、カピロッシのドゥカティが2度優勝しました。バレンティーノは、2011年、2012年の2年間ドゥカティと契約して所属していました。

2013年から再び、ヤマハに戻りYZR-M1に乗りました。

直送定期購読は、第14号のお届けからマガジン4~5冊とパーツ4~5号分が専用箱に入って届くエコパッケージとなります。

バレンティーノ・ロッシとYAMAHA YZR-M1 その15」に続く

参考資料:「MotoGP Machines2004」「バレンティーノ・ロッシ自叙伝」

愛車の処分、車の買い替え時、中古車は販売店に売ると高く売れる。

どうやって直接売る?

新しい愛車の売り方は、カープライスにおまかせ。無料査定1回とオークションに出品。成約が決まれば書類を準備するだけ。あなたの車を最も高く買い取...

中古車を売っているお店が参加する買い取りオークションに出品する。

あなたの車を出品するにはカープライス。カープライスのウェブサイトを見てみた。(ガイド付き)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする