1日1本、冷やしていける生アガリクス100%エキスのドリンク

無農薬で栽培した純国産のアガリクス(ヒメマツタケ)を同じ工場内で、新鮮なまま収穫して、100%ドリンクにしたのが生アガリクスエキス100%

生アガリクスエキス100%のドリンクは、冷やして飲むとおいしく飲める。

アガリクスを育てる培地(土のようなもの、菌床、土壌)には、とうもろこしの芯を粉砕したコーンコブミールを中心とした植物由来の原料を使用している。


飲むきのこ【純国産 生アガリクス100%エキス】

きのこのホクトの純国産 生アガリクス100%エキス

元気がでる女性のポーズ

きのこのホクトの純国産 生アガリクス100%エキスは、無農薬栽培のとれたてアガリクス茸(ヒメマツタケ)を使用しています。徹底した温度と湿度管理のもとで栽培しています。(殺菌管理もしている長野県の自社工場)

一般的なアガリクスの商品は、外国産のものを乾燥や冷凍をして運ばれて商品化されるのですが、ホクトのアガリクス(ヒメマツタケ)は、長野県の工場で栽培した生の採れたてアガリクス傷まないうちに同じ工場内で、生のままエキスを抽出して、ビン詰めにしてあります。

水や防腐剤など余計なものは、一切入っていません。

アガリクス(ヒメマツタケ)に豊富に含まれるβ-グルカンや、α-グルカン、β-ガラクトグルカン、キシログルカンには様々な働きが確認されています。さらに人間の体に元々存在するマクロファージを応援して、体調が整えてくれます。
生アガリクスエキス100%エキスに使用しているアガリクスの学名は、アガリクス・ブラゼイ・ムリルです。
アガリクスという呼び名はハラタケ科のキノコの総称です。アガリクス・ブラゼイ・ムリルには、和名「ヒメマツタケ」「ニセモリノカサ」「カワリハラタケ」と言う名前があります。

アガリクスの持つ栄養素を効率的に摂取するには、純国産の生アガリクスの搾りたてのエキスを飲むのが最も良いのです。

ホクトのアガリクスを無料動画で見る

アガリクスエキス生産工程の動画をyoutubeで見ることができる。
徹底した衛生管理の元 原料生産から製品完成まで一つの工場で、一貫して生産している。

アガリクスエキス生産工程
YouTubeで見ることができるホクトのアガリクス講座


国産の生アガリクスを栽培から加工まで一貫生産 長野県産アガリスク トライアルセット

純国産 生アガリクス100%エキスを飲んだ

長野県産 生アガリクス(ヒメマツタケ)100%のエキスは、冷やして飲むのが良いようなので、冷蔵庫に入れて十分に冷やしてから飲むことにしました。

一本50mlの小さなビンのドリンクです。お試しセットには、5本入っています。

冷蔵庫で十分に冷やしました。

生アガリクス(ヒメマツタケ)100%エキスということで期待が高まります。

キャップを開けると、黒糖のようなカラメルのような香りがして、次に椎茸のようなキノコのような香りがします。この香りがアガリクス(姫マツタケ)の香りです。

飲みました。

味はシイタケの煮汁のような味というのでしょうか。シイタケの戻し汁のような味というのが分かりやすいかもしれません。シイタケを食べるとジュワーと口の中にでる汁のような味に似ていると言えるかもしれません。

シイタケの戻し汁のような味が、アガリクス(ヒメマツタケ)の味なのでしょう。

アガリクスの味・風味はシイタケに似ているのでしょう。生のアガリクスをドリンクにしただけあって、きのこの風味がします。

生のアガリクスを採れたて100%。しいたけのだし汁のような味。自然の風味を感じます。キノコのこのようなエキスをゴクゴク飲めるというのは素晴らしいです。

なにも加えていない100%アガリクスきのこ抽出物なので、味が自慢のとにかく美味しいドリンクとは、言えないかもしれません。ですが、健康維持にとても役立つ飲み物です。毎日一本飲むのが嫌になるような味ではありません。おいしく飲むことができます。

できるだけ美味しく飲みたい方は、ジュースなどに混ぜて飲みやすくして飲んだり、市販のポタージュスープに瓶一本の半分の量を混ぜて飲むなど料理に取り入れると良いでしょう。

生アガリクス100%エキスをポタージュに入れて飲むと、美味しく飲めると言うことを知り、生アガリクスエキスを料理に取り入れてみました。