絶対にこれだけでも美味しい。卵とじ丼

親子丼のあまりの美味しさに、親子丼の美味しさについて考えたことがあった。

親子丼の美味しさは、溶き卵と玉ねぎと汁にある。正直、鶏肉はあってもなくてもいい。あの卵と玉ねぎの味がいいのだ。

どうして、こんなに美味しいのだろうと思う。

鶏肉なしで親子丼を作ったことがあった。溶き卵と玉ねぎと汁だけ。予想通りに美味しかった。

さて、親子丼は、卵と鶏肉で「親子」だから親子丼というわけだが、 実の親子ではないのだから、鶏肉の卵とじ丼とでもすべきだと思う。

名古屋コーチンの卵 30個


名古屋コーチンの卵 30個入り
名古屋コーチンはどんな卵?名古屋コーチンの卵は、やや小ぶり。卵黄の色は濃くて、味は濃厚、コクのある卵。


どら焼きは、どこに行った

子供の頃、どら焼きが好物だったが、特に皮が好きだった。皮の味が特に良かった。もっちりしている食感もよかった。ドラえもんの好物だったこともあって、子供の頃はどら焼きがあると特に喜んだものだ。子供だから、餡の方はそれほど重要ではなかった。どらやきの皮が好きだったのだ。餡と皮では、餡の方が好きだったどら焼きだが、大人になった今、餡の方が好きになっている。それは冬のおやつ「あじまん」についても同じだ。

あじまんは、今川焼きと似ている。皮にたっぷりと餡が詰まっている。焼きたてだ。今川焼きよりも厚みがある。餡も多い。(あじまんよりも餡が多く入っている、厚みもある今川焼きもあるかもしれないが)あじまんは、手作りで冬だけ様々な大型店の前で売っている。あじまんは、コーヒーによく合う。

あじまんを少しずつゆっくり食べるにはどうしたらよいか?それは、皮と餡を一緒に食べるという感覚ではなくて、「餡」を少しずつ食べるようにすると良い。

せっかく買ってきたあじまんが、冷めてしまったら?そんな時は、電子レンジで温めると焼きたての美味しさが戻ってくる。

話もどら焼きに戻そう。どら焼きは、ドラえもんの大好物でもあったから、子供の頃の私は余計に食べたくなっていたのだ。どら焼きは、現在、様々などら焼きがある。私が子供の頃は、バター入りどら焼きが流行していた頃だ。頂き物にバター入りどら焼きが続いていて、一時期、毎日のようにバター入りどら焼きを家族からすすめられていた。美味しいのだが、毎日では。

バター入りどら焼きを飽きるほど食べても、また次の週、一か月後くらい、半年後ぐらいにバター入りどら焼きがある。私はその頃、バターが入っていないどら焼きが恋しかった。この世からバターが入っていないどら焼きが消えたような感覚だった。

大人になってからのバター入りどら焼きについては、バターと皮の相性が良くて、その美味しさにびっくりだ。餡と皮だけのシンプルなどら焼きももちろん美味しい。(なくなっていなかった)

今は、バター入りどら焼きとシンプルなどら焼き、どちらも美味しい。

噂の栗どら(自家製あん・バター・大粒栗2個)栗どら 5個×2箱


噂の栗どら 5個入り×2箱セット
大正9年創業「御菓子処 餅信」の人気No.1「噂の栗どら」
栗が丸ごと2個分入ったうまいどら焼き!

丸ごと2個分の栗をどら焼きの皮で挟んで、餡(あん)と一緒に美味しく食べられる秘密は、栗がとても軟らかいこと。

北海道産小豆、新鮮なバターなど素材にこだわり、ボリュームもたっぷりの大人気の栗どら焼き!

「噂の栗どら」の美味しさの秘密

栗どらの美味しさの秘密は、1つ1つの素材にこだわっていること。

  • 北海道産小豆を柔らかく炊き上げて作る自慢の自家製餡(あん)
  • やわらかい大粒栗を約2個分
  • フレッシュバター、純国産鶏のもみじたまご使用

そうだ、アーモンドチョコを食べてみよう。

コーヒーによく合うチョコレート。チョコレートは子供から大人まで好むスイーツだ。香りとほろ苦さと甘さ、コクと食感が魅力だ。

チョコレートには、甘いチョコレートからカカオがたくさん入ったチョコレート、生チョコ、こだわりのクラフトチョコレートなど、様々なチョコレートがある。ハイカカオ、クーベルチュールチョコ、クラフトチョコなどが人気だ。抹茶、ホワイトチョコレート、ストロベリーチョコ、ピスタチオが練り込まれたチョコなどバリエーションが多彩でもある。

チョコはコーヒーによく合う。コーヒーを飲みながら食べること、少ない量でも大体満足する。コーヒーを飲む際には、小さなチョコレート2個くらいあればいい。しかし、板チョコの場合は、少し多く食べてしまいがちだ。アーモンド、ナッツ類が入ったチョコレートは、くせになる美味しさで、つい何個も食べてしまう。

そのことを思い出させたのがトリュフチョコだ。トリュフチョコには、生クリームが配合してあった。トリュフチョコは、香りからして、とても美味しい。外側がカリッとしていて、中身が柔らかい。ひとつ、口に入れると、すぐになくなってしまうが、2、3個で十分満足する。

小学生の頃、生クリームが配合されているチョコレート「V・I・P」を好んで食べていた。当時、大抵のチョコレートは100円だったが、V・I・Pは200円だった。しかし、おいしいから食べていた。クランキーチョコも好きだった。ホワイトチョコレートのクランキーチョコも美味しかった。つぶつぶの軽い食感が魅力だ。軽い食感と言えば、霧の浮舟 (きりのうきぶね)というエアリーな感じで、口の中で泡が溶けるような口どけのチョコレートもよく食べていた。厚みがあって柔らかめなせいか、割る感じも良くて、手に取ると体温でチョコがすぐに溶けて、手にくっついてしまうが、それも良かった。

毎日のように、アーモンドチョコレートを食べていた時期があった。食べ飽きるくらい食べていた。大人たちは、アーモンドチョコの出来の良さに驚いていた。

大学生になってからのこと。アーモンドチョコレートのCMを見て、小学生の頃以来、食べていなかったアーモンドチョコレートを買って食べたことがあった。やたらと美味しかった。ささやかな楽しみにしたい、毎日食べたいな、と感動の美味しさだった。

訳あり ハイカカオ 割れチョコ・板チョコ・ブロックチョコ 380g


カカオ70 訳あり 380g
チョコレートソムリエ監修のハイカカオ!苦味・渋み・えぐみ・酸味を極力抑えた食べやすく甘いハイカカオチョコレート。

チョコレート会社のこだわりの品質、香り、味のハイカカオチョコレートの訳あり。

A 4サイズより1回り小さいサイズの袋に、割れチョコ、板チョコ、ブロックチョコが入っている。袋は密閉チャック付きだから、すぐに全部食べなくとも保存が楽にできる。

カカオ70%のおいしさにこだわったハイカカオチョコレート。


明太子のピザパン

タラコは、子供の頃から食卓に出ていたが、そんなに食べてはいなかったと思う。筋子の方はよく食べていた記憶がある。子供の頃の私の感覚で、タラコの食感や味が好みではなかったのかもしれない。

辛子明太子となれば、辛いから尚更だ。焼いた明太子など、食卓によくあった。なぜか印象深い。

ピザパンに明太子を使ったことがある。食パンにマヨネーズを塗り、明太子をマヨネーズの上に塗るように乗せる。オーブンで焼いて出来上がり。

海苔があれば、調理用ハサミで短冊状に細かく切って乗せる。食パンを使って作るピザパンは、半分に切ると食べやすい。

辛子明太子を使うピザパンの場合、辛子明太子の辛さは焼くことで辛味が飛んでしまう。

辛子明太子はパンにも合う。白いカマボコに挟んでも美味しい。タラコを酒のあてにする場合、辛子明太子の生、半生、しっかり焼いたものなど、何種類か用意すると、お酒がより楽しくなるだろう。

ふくや 選べる たっぷり明太子 540g


ふくや 家庭用明太子 540g
酒の肴、ご飯のおかず、おにぎり、パンにあると嬉しい辛子明太子。

楽天のグルメ大賞連続受賞の家庭用明太子は、135g×4パックの540gのセット。

ご飯一杯に満足の明太子(約20gとして)、約27杯分もある!
1皿に50gの明太子を使う明太子パスタ11皿分!

大人気の家庭用明太子には、形が不揃いなもの、端っこが少し切れている「切れ子」と呼ばれているものを使っているが「切れ子」に合わせた味つけをしている。

訳あり品、規格外ではない正規の商品!

  • 保存に便利な小分けパックだから「開封してしまったら、すぐに食べてしまわないと・・・・」ということはない。
  • 小分け(150gずつ)だから、食べたいときに1パック~食べられる。すぐに食べない分、は冷凍庫に保存するのがおすすめ。
「辛い明太子はちょっと・・・」という方にもおすすめ!

ふくや「家庭用明太子 540g」は選べる5種類の味・色!

無着色が好みの方

  • ふくや明太子の基本の味「無着色レギュラー」
  • 辛さ控えめの「無着色マイルド」
  • 激辛の明太子「無着色どっから」

明太子は赤い方がいいという方

  • ふくや明太子の基本の「味着色レギュラー」
  • 辛さ控えめのまろやか味「着色マイルド」

筋子を一人で食べるとき

口に入れると弾力があり、噛むとプチッと弾けて味が染み出る美味しいイクラ。新鮮で大粒のイクラならなおさらだ。そのまま、大根おろしと一緒に、スプーンですくって贅沢に。

イクラには、ビタミンB12、DHA 、ビタミンD、ビタミンEが豊富に含まれている。

イクラと言えば、筋子(すじこ)が気になってくる。

筋子とは、バラバラにする前のイクラのことで塩に漬けたもの。東北では塩に漬けたものを「筋子」、塩に漬けていない生筋子を「腹子(はらこ)」と呼んでいる地域がある。

ご飯にのせて、おにぎりの具にして美味しい筋子。酒のつまみにも合う味。

筋子を食べると特に美味しいのは、ご飯に混じって一粒ずつになった筋子だ。それを当然ご飯と一緒に食べる。

私が一人で筋子を食べる時に行う食べ方は、筋子をそのまま食べることだ。少し濃い味が気になるが、たまに、一切れ、二切れなら塩分についても問題ないだろう。

ご飯に少しのせて食べたり、ひと粒状にして、ご飯と食べるという、いつもの食べ方では味わえない旨さが身に染み渡る。

おにぎりの具としての筋子は特に素晴らしい。海苔とご飯と筋子。ご飯に筋子をのせて、もしくは一粒状にして、ご飯に混ぜて海苔で包んで食べる。

おにぎりの具としての筋子の用い方、ご飯に海苔と筋子という食べ方をヒントにして、私が考えた筋子の食べ方がある。酒のつまみに美味しい筋子の食べ方を思いついたのだ。

筋子を小さく切って、海苔で包むのだ。

それを食べる時に、指で少し平べったくして食べるのだ。筋子を海苔で挟んでいるから、歯ごたえ、噛みやすさ、食べやすさ、染み渡る旨さが酒のつまみにちょうどいい。

マスから イクラ醤油漬け 500g


イクラ醤油漬け 500g 小粒
濃厚な甘みで皮残りがない北海道加工の鱒(マス)イクラと呼ばれる鱒(マス)の卵を使用したイクラ醤油漬け 500g

イクラ丼にして約6杯分、寿司の軍艦巻きで約50貫分になる。

小粒のイクラで癖のない本物の味と品質。程よいプチプチ感があって、イクラの旨味が存分に味わえる。

冷凍で届く。オススメの解凍方法は、冷蔵庫で半日ほどかけてじっくり解凍する。

イクラ丼、海鮮丼、寿司の軍艦巻き、手巻き寿司に!