ラーメン革命は、とんこつラーメンの人気から

とんこつラーメンが主流にはじまったラーメンブーム。産業革命のような食の革命、ラーメン革命。ラーメンを食べるために、あちこち行く人が多くなっていった時代。

醤油味、味噌味にはまらないラーメンには、とんこつラーメン、豚骨ベースのラーメンやオリジナルのラーメンが多い。

美味しそうで人に教えたくなるような、自分にとっての新しいラーメン屋を見つけると行ってみることを続けていたが、最近では何か特別な機会でもないと、ラーメン屋に行くことはほとんどなくなってしまっている。

たまにカップ麺で新しい味、量が多いものなど食べてみたりしている。


選べる九州有名店 とんこつラーメン 10食
10人に7.5人が繰り返し注文している!九州有名店とんこつラーメン福袋!

麺はすべて博多のラーメン店と同じ「半生麺」
小金ちゃん博多とんこつ、鹿児島黒豚とんこつ、熊本ガーリックとんこつ、博多味噌とんこつ、宮崎醤油とんこつ、久留米元祖とんこつから選べる。

半生麺の賞味期限は45日以上!


牛丼が食べたい!どこの牛丼にする?

牛丼には玉ねぎが入っていた方が良い。しかし、玉ねぎ嫌い、野菜嫌いの人にとっては玉ねぎは入っていない方が当然に良い。牛丼そのものの味が美味しくても、卵はあったほうがいいし、紅しょうがも少しだけあった方がいい。

業務用の牛丼の素(具)を食べることが多かった子供の頃、最初は美味しいが途中で食べたくなくなることがよくあったが、それは、つゆが多すぎるせいだった。つゆを最初からある程度捨てると、美味しい牛丼、好物の牛丼になった。袋の中のつゆを全部入れるのは、子供の頃の私にとっては多すぎたのだ。

吉野家の牛丼で、「つゆだく」と注文するブームがあった。私も「つゆだくで」と注文していたし、問題はなかった。

吉野家の牛丼は玉ねぎが少なめだ。すき家は、玉ねぎがしっかりと入っている。玉ねぎが目立つくらいだ。どちらも美味しい。

吉野家の牛丼は、安い・うまい・早いで評判となった。

このところ家で肉といえば、豚肉がメインになっている。牛肉を手軽に吉野家、すき家、松屋などで食べるのは、食を楽しむ上での幸せな気持ちになる。

牛肉が安い・うまい・早い。牛肉をたっぷりと美味しく、好きな時に一人でも気軽に食べられる松屋、吉野家、すき家だ。

この中でよく私が行っていたのは吉野家。すき家、松屋も人気がうなずける牛肉が食べられる店だ。牛肉を美味しく、早く、安く。

牛丼にしっかり玉ねぎがほしいのならば、すき家の牛丼。最もベーシックで定番のおいしさ、吉野家の牛丼。牛肉の定食ならば松屋の牛めし。

全国チェーンで評判の美味しい牛丼は、お店に行かないと食べられないはずが、何時でも温めるだけ、お店そのままの味でおいしく食べられる!

うちで好きな日、好きな時に食べたい。子どもから高齢の方まで、冷凍庫にあると便利なうまい牛丼が、うちで食べられる!牛丼の具!!

全国で有名なうまい牛丼の店の「牛丼の具」の出来たてを、急速冷凍。冷凍庫にストックしておけば、好きな時、いつでもご飯に乗せて、牛丼(牛めし)が食べられる!

「吉野家 牛丼の具」世界が認めた日本のおいしい牛丼 10袋セット


吉野家 冷凍牛丼の具  120g×10袋
吉野家 冷凍牛丼の具は、国際味覚審査機構で優秀味覚賞2ツ星を獲得している。

あなたが「美味しい」と思っているだけじゃない。世界が認めた「食べておいしい牛丼の具」なのだ。

「吉野家 冷凍牛丼の具」タレと牛肉がおいしい秘密

牛肉は熟成させると、甘みが出てきてまろやかで深みのある味になる。

牛肉は適正な温度で寝かせると、タンパク質がアミノ酸に変化する。さらにペプチドと言う成分が増える。

吉野家の秘伝のタレは、低温熟成。加熱しないで様々な材料時間をかけて熟成させている。ショウガを生ショウガに、ワインを増量するなどして、まろやかさと香りがアップして、さらに美味しくなった。

吉野家 冷凍牛丼の具は、牛丼以外にも料理の具材として使うのもオススメ。本格的なハッシュドビーフ、肉じゃが、ビーフサンドイッチ

吉野家のお店の味そのままに、うちで牛丼がおいしく食べられる。


煎餅のうまみは止まらない

せんべいは美味しいとくせになり、何枚も食べてしまう。日本人にとって、あられ、おかき、せんべいは、お馴染みのお菓子。おかき、せんべいは、紅茶・コーヒーにもよく合う。

その中でも子供の頃などは、醤油せんべい、純米せんべい、海苔が貼ってある醤油せんべいをよく食べていた。特にせんべいの海苔が良かった。小さい長方形のせんべい、大きい丸型のせんべい。時々、甘いせんべい、あまじょっぱいせんべいもあった。揚げたせんべいは割と定番で、ピーナッツ入りのせんべいもよくあった(厳密にはピーナッツ入りはせんべいではないかもしれない。せんべいと同じ形をしていた)。

大人になるにつれて、おかきが家にあることが多くなっていった。おかきは、ふんわりしていて食感が軽い。素材のうまみもある。間違いのない美味しさだからかもしれないが、おかきには、たいてい豆が入っている。

せんべいといえば、唐辛子せんべいが面白い。唐辛子で真っ赤になっているせんべいだ。食べてみるには度胸がいる。そして、食べてみると見た目通りの味なのだ。

連日のようにキムチを食べていると、キムチを食べていない時間でもキムチを食べたことを思い出すだけで、顔から汗が吹いてくることがある。梅干しの事を考えると唾液が出てくるということは、よく知られている話だが、辛いものについても同じようなものなのだろうか。

目の前で焼いた焼きたて、出来たてのせんべいはとても食べたいものだ。高校生のころまでは、その場で焼いているせんべいに魅力を感じていた。家で食べるせんべいには、包装があるからだ。せんべいを出来立てで、その場ですぐに食べないとなると乾燥、しけを防ぐために包装が必要になってくる。

出かけた時に目の前で焼かれたせんべいを見つけたら、その場で食べると決めておくと良いだろう。

湿気を吸ってしまうとせんべいは台無しになってしまうが、ぬれせんべいは美味しい。ぬれせんべいを見つけた時は驚きだった。ぬれせんべいは、美味しさ、食感、それに噛むときに音がしない。固いものが食べられない歯でも安心だ。こういう美味しさが認知されているのは嬉しいことだ。

ぬれせんべいは、ジューシーな感じで、せんべいの旨味が染み渡る。ぬれせんべいは、柔らかいせんべいだから、新しい味を求めている人にも紹介したくなる。

せんべいの旨味は不思議なもので、1枚食べ始めるときりがない。何枚も食べたくなる。米、もち米などが素材となっている。日本人のDNAが喜ぶお菓子なのだろう。

簡易包装 山盛りマヨおかき 320g・小袋 7種 14袋


訳あり お試し福袋 マヨ大袋+7種14袋
創業1947年、加藤製菓の新潟産米100%あられおかき。

非遺伝子組み換えのサラダ油、エクストラバージン・オリーブオイル、北海道産大豆を使用している。

カリカリ食感、特製マヨネーズのマヨネーズおかき。カシューナッツ入り大粒柿の種。胡麻と天然塩のシンプルな味付けのごまオリーブ。小麦粉ではなくて、もち米を使った黒糖かりんとうなど。

訳ありとは、パッケージが簡易包装。届くまでに少し割れが生じる「あられ、おかき」も出てくるかもしれない。


クッキーをコーヒー、紅茶につけて食べる

クッキーは、ほのかなバターの味が魅力的なお菓子だ。何度か試してみたコーヒー、紅茶に浸して食べるという食べ方。最近までは、まったく好みの食べ方ではなかったが、今はかなり好んでいる食べ方だ。クッキーの味わい、食感が変化するのがよいのだ。 

クッキーは自分好みのものを用意する。まずは、プレーンタイプが良いだろう。

一口目、ひとかじり。普通に食べる。

二口目、1~3秒ほど浸してから食べる。コーヒー、紅茶の味がするクッキーになって美味しい。

三口目、もう少し長い時間浸して食べる。クッキーの浸されていた部分は溶けそうになっているか、溶けてしまって崩れるようになっているはず。(溶ける時間はクッキーによってかなり違ってくる)トロトロの柔らかいクッキーになっている。

紅茶、コーヒーの味が染み出るようなカンジだ。とろけて崩れそうになっているクッキーを吸うようにして食べてもおいしい。

クッキーをコーヒー、紅茶に浸して食べると、クッキーの溶けた部分がコーヒー、紅茶に少し入ってしまう。しかし、それは仕方ないところだ。

プレーンタイプのクッキーがコーヒーや紅茶に浸すことで、コーヒー味、紅茶味のクッキーになるのが面白いところだ。

自分オリジナルの味で、おいしくクッキーが食べられる。

ホテル・デパートのクッキーをできたて直送 訳あり 180g×6袋


大容量1kg 訳ありクッキー 無選別
ホテルのバイキング、ウェルカムクッキー、百貨店で販売されているクッキーが1kg(180g入×6袋)入っている。

割れ、欠けのあるクッキーも入っている無選別に、余った生地も焼いてクッキーにしたものが入っている。うちで食べるのにちょうどいい美味しいクッキー!

袋ごとに食品表示ラベルが貼ってあるから品質も安心。おいしさと品質は正規品と変わらない。

自社工場で熟練の職人が1枚1枚焼いているクッキーを直接お届け。甘さ控えめ、幅広い年代に喜ばれているナカイ製菓のクッキー。


ようかんに合う飲み物、トッピング

ようかんの歯ごたえ、食べ応え、広がる甘さ。一口食べただけでも、落ち着き和む。お茶、コーヒーによく合う。ようかんは、小豆を甘くして寒天などで固めたお菓子だ。

小豆の餡は、牛乳に合うと考えられる。それに小豆の餡は、お茶とコーヒーにもよく合う。苦味と甘味で美味しいわけだが、小豆の餡は甘い味の飲み物にも合う。

甘い飲み物では、砂糖を入れたコーヒー・紅茶、甘い白ワイン、カルーアミルクが合うはずだ。

ようかんに合うものとして、あんみつをヒントに考えると、蜜、ホイップクリーム、生クリームと相性が良いだろう。練乳あずきをヒントにすると、羊羹には練乳も良く合うだろう。

羊羹はつい食べ過ぎてしまいがちだ。羊羹を一切れほど食べてみて美味しいと感じた人は、羊羹一本まるごと食べたいと思ったことがあるはずだ。

お茶の時間に嬉しいようかん。少しずつ味わって食べたり、ほおばって食べてしまいたいこともあるようかん。

羊羹(ようかん)は、ティータイムの紅茶、コーヒーにもよく合う和のスイーツだ。

栗入り蒸し羊羹 甘さ控えめ 280g×2本


いでゆむし羊羹 (栗蒸しようかん)2本
北海道産小豆を用いた自家製こしあんを丹念に練り上げて、蒸しあげた羊羹(ようかん)。
戦前より続く、初代が作り上げた製法で作っている。

甘く煮た栗が入っている。蒸しようかん特有の葛のモチモチの食感。甘さ控えめで味わい深いようかんだ。

羊羹(ようかん)は、こしあんと小倉どちらも味わってみたいものだ。

創業80余年 いでゆむし羊羹の伊豆柏屋の組み合わせ自由な「いでゆむし羊羹2本セット」

蒸しようかんとは?

蒸し羊羹は、小麦粉や葛粉を加えて蒸し上げて固める。煉羊羹(ねりようかん)は、寒天で固める。